交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

院長挨拶

安心と信頼の「総合医療」として
生まれ変わります。

この度、豊中緑ヶ丘病院は、少路に新病院棟を新築移転、開院する運びとなりました。
地域医療の活性化の一翼を担うべく、当院が引き受ける様々な取り組みのひとつとして、救急医療の参入を本格的に開始いたします。地域のみなさまに安心と充実の医療をいつも近くに感じていただき、みなさまの健康管理の大きな柱となる病院へと努めてまいります。

また同敷地内に、新しく独立した部門として「内視鏡センター」を設けることとなりました。
センター長を筆頭に各機関の専門医を配置し、設備を整えてまいります。これは以前より当院で需要の高かった内視鏡の検査の充実を図るためです。
シャントを利用した透析治療にも対応することで、人工透析をされている方の受け入れをはじめ多くの患者さんに、より専門性の高い処置やアドバイスを迅速かつ的確にお届けすることができます。

他にもリハビリ科の増設や大学病院の医師を招聘し、広いネットワークを構築した新体制も整えてまいります。
今回の開院を心機一転の好機とし、地域の中の診療所やクリニックとの連携を図り、変わらぬ「安心と信頼」の「総合診療」として展開してまいります。
しかしながら設備を整え充実させることだけでは真の貢献には繋がりません。当院はこれまで「志を持った医療人」をモットーに日々尽力してまいりましたが、これからも「地域の病院」としてみなさまの拠り所となれるよう、医療スタッフ一同さらなる努力をしてまいります。


home
/
当院のご案内
/
院長あいさつ